2020年02月21日

旅&グルメ「第39回金谷茶まつり・島田市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「第39回金谷茶まつり・島田市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
金谷 島田市.jpg



「♪みどり自慢の茶の芽もそろた〜ヨイヤサ 茜だすきの手もそろ〜た〜・・・♪」
金谷茶まつりは、金谷(かなや)絣(がすり)(井桁模様の紺絣)の着物に茜だすきの茶娘達が躍る茶娘道中をはじめ、屋台道中や金谷大井川川越し太鼓が通りに繰り出し、新茶の季節の到来を告げる金谷の町を挙げての大イベントです。
金谷の基幹産業である茶業の更なる発展を願い昭和27年(1952年)から始められた金谷茶まつりは、年々華やかさを加え、今や茶処を象徴する一大イベントになりました。まつりのメインである茶娘道中は、かつて新茶の摘み取り時期になると茶農家の女性達が茶摘み衣装に身を包み、「♪・・・あれに見えるは茶摘みじゃないか、茜だすきに菅の笠・・・♪」と唄われるように、揃って茶畑に繰り出す様子を再現したものです。
金谷は、茶娘の発祥地と言われています。茶娘踊りは、伝統芸能として継承されており、大勢の茶娘による茶娘踊りは、国内で唯一のものであり、全国的にも注目されています。また、会場には金谷茶の呈茶サービスや伝統的な手揉み製茶や小型製茶機の実演、金谷特産品の紹介・販売などお客様へのもてなしコーナーがたくさん用意されます。



 期  日  4月11日(土)・12日(日)
       予備日:11日・12日両日とも雨天の場合は、19日(日)の1日のみ実施
 会  場  JR金谷駅前通り、及び周辺
 駐 車 場  大井川河川敷(無料:1,000台)
 交  通  JR東海道線「金谷駅」下車
お車では、東名高速道路「相良牧之原IC」より15分(約10km)
または、新東名高速道路「島田金谷IC」より10分(約4km)
 お問合せ先 島田市観光協会 TEL 0547-46-2844
               http://shimada-ta.jp






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春7.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 15:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「吉原祇園祭・富士市」と 植物の効能「オオバコ」

旅&グルメ「吉原祇園祭・富士市」と 植物の効能「オオバコ」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
吉原祇園祭 富士市.jpg

吉原祇園祭 富士市.jpg


  東海道の旧吉原宿(現在の岳南電車「吉原本町駅」周辺)では、350年余りにわたって親しまれてきた吉原祇園祭があります。通称「おてんのさん」と呼ばれ京都の祇園祭の流れを汲み、悪霊、疫病を退散させる祈りが、祭の形となって受け継がれてきました。
 参加町内は旧町名で呼ばれ、旧吉原宿周辺の木之元神社・天神社(天満宮)・八坂神社・八幡神社(八幡宮)・山神社の五社の氏子25町内で、各町内が飾り立てた21台の山車の引き回しや、各神社の神輿が練り歩きます。
 また、吉原中央駅から岳南電車の吉原本町駅を結ぶ吉原本町通りには200軒以上の露店が並び、町内ごとに特徴が違う山車の競り合いは見応えがあります。



 期  日 6月13日(土)・14日(日)
 場  所 吉原本町通り(旧東海道吉原宿)
 時  間 午後1時〜9時
 内  容
    13日 山車引き回し(21台)  午後1時〜(予定)
        宮太鼓の競演、他     午後4時〜(予定)
    14日 神   輿        午後1時〜(予定)
        山車引き回し(21台)  午後6時〜(予定)
 交  通  東海道本線「吉原駅」から岳南電車で「吉原本町駅」下車すぐ
または、東海道本線「富士駅」から富士急バスで「吉原中央駅」下車
       お車では東名高速道路「富士IC」から、国道139号で約5分/新東名高速道路「新富士IC」から国道139号で約7分
 お問合せ先  一般社団法人富士山観光交流ビューロー        
        TEL 0545-64-3776    
http://www.fujisan-kkb.jp



健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
オオバコ1.jpeg

posted by 健康観光ライフ at 14:43| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「飛竜まつり・浜松市」と 植物の効能「メグスリノキ」

旅&グルメ「飛竜まつり・浜松市」と 植物の効能「メグスリノキ」の紹介です


4飛竜祭り.jpg



 「暴れ天竜」と呼ばれ、竜のように暴れ川筋を変えた雄大な天竜川。この天竜川に隣接する浜松市浜北区(旧浜北市)では、水(川)の神様「竜神」にちなんで、竜をシンボルとした「遠州はまきた飛竜まつり」が開催されます。昼間浜北凧揚げを楽しんだ若者が、夜は「飛竜火まつり」を繰り広げます。
 ※浜北凧…古くは「ごぼち」と呼ばれ、250年の歴史がある。横長で2本糸目で、尾をつけず、ブーンとうなり声をあげる凧。



 期  日 5月30日(土)・5月31日(日)
 内  容 @ 浜北凧揚げ
        天竜川中瀬緑地 5月30日 午前11時〜午後4時
                5月31日 午前10時〜午後4時
A 飛竜火まつり
        天竜川中瀬緑地 5月30日 午後7時〜午後9時
遠州大念仏(遠州地方に400年以上伝わる念仏踊り)、飛竜太鼓、たいまつ行列
手筒花火(白い閃光と筒が抜ける音がダイナミック)、打ち上げ花火、飛竜ナイアガラ(宙に浮かんだ60mの竜の胴体からナイアガラ花火、口からは火の玉が飛びます)
B 水の道物産展  ※下記の2日間になります。
天竜川中瀬緑地 5月30日 午前11時〜午後9時
                5月31日 午前11時〜午後4時
        天竜川流域(南信州から静岡県)からの選り抜きの物産展
 交  通  5月30日・5月31日とも遠州鉄道「浜北駅」前からシャトルバス運行(予定)
       車の場合は新東名高速「浜松浜北IC」より5分
 お問合せ先 飛竜まつり実行委員会 TEL 053-585-1116
       *内容は予定ですので、予告無く変更することがあります。




健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 健康観光ライフ at 14:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする