2014年04月21日

健康づくり「【荒木式】高血圧改善プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法〜」と植物の効能「わさび」



健康づくり「【荒木式】高血圧改善プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法〜」と植物の効能「わさび」の紹介です

病院の治療や薬では改善されない症状の方に、... ご参考になれば幸いです。
わが国は「老後が安心して暮らせる国」の姿からドンドン遠ざかっていくような気がします。

年金支給開始年齢の引き上げは、2013年から2025年にかけて、60歳から65歳へと段階的に引き上げられることが決定しているみたいですし・70〜74歳の医療費窓口負担の1割から2割への引き上げも検討されているようです。
こんな世の中で病気になったら、医療費で国も家庭も破滅してしまいます。
みなさん一人ひとりが医療費に関心を持ち、みなさん自身のためにも、病気にならないよう日頃から健康づくりに励んでください。



詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

健康づくりの基本は、
「健康は自分でつくり、個人の健康づくりをみんなで支えていく」と考えます。
薬をむやみに処方しない医者ほど、あなたの健康を本当に親身に考えているかもしれない・・・。と言うことを聞いたことはありませんか?


「病気というのは、体内に老廃物が許容量を超えて溜まった状態だ」と言われています。

だから、体内から老廃物を排出してやれば病気は治ることになります。
老廃物を排出する過程では、炎症(発熱・痛み・痒み・・・)という形で現れます。
病気が発生している場所に血液が集まって老廃物を体の外へ排出しようとしているわけです。

例えば、食べ過ぎたらおなかが痛くなって下痢します。
きちっと下痢しておなかの中から悪いものを出してやれば健康になるわけです。


しかし、薬というのは、この逆のことをするのです。
つまり、老廃物が蓄積した体内の悪い部分への血流を抑制するのです。
血の流れを悪くすることで炎症をとめます。

その結果、血流が悪くなり・炎症・痛みは治まりますが、
肝心の老廃物は体外に排出されません。


人間のからだの中で作られる成分は、年齢とともに失われていきます。
例えば、肌の若々しさが失われていくのは、ヒアルロン酸やコラーゲンが不足し、ハリや潤いが減少していくことによるものです。

失われがちな成分を補うには、生活習慣(食生活・適度な運動など)を改善することが大事ではないでしょうか?
還暦を少し過ぎた私の場合は、生活習慣では難しいので、グレープシードエキスを毎日しっかり飲んでいます。
グレープシードにはプロアントシアニジンというポリフェノール(体内に摂取、蓄積された悪玉のLDLコレステロールの酸化を阻害し、高血圧、動脈硬化および動脈硬化を原因とした脳血管障害、心臓病などを予防すると言われています)が含まれている。
おかげさまで、風邪もひかず元気に過ごしています。

お願い:「陰虚」で困っています。(自分では、「陰虚」と思っています。)
「陰虚」とは、 水(津液)を含め、体に必要なうるおいを表す「陰」は、加齢とともに不足しやすくなります。「陰」が不足すると、のどが渇きやすく、汗もかきやすくなります。・・・
私の場合は、顔のほてり、とくに、アルコールを飲んだときなどは、すぐにほてってしまいます。
六味地黄丸をしばらく飲みましたが、効果が実感できなかったので、いまは飲んでいません。

「陰虚」の改善について、ご存知のことがありましたら、教えていただけると助かります。何卒よろしくお願い致します。





血圧を上げる大きな原因の1つは、血管が硬くなってしまうことによるものです。
では、どうして血管が硬くなってしまうのでしょうか?

その大きな原因は「老化」にあるのですが、実は、
老化の最たる原因の1つとなっているのが「糖」なのです。


詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓













健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
わさび.jpg





posted by 健康観光ライフ at 11:49| Comment(0) | 健康づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: