2014年11月05日

旅&グルメ「川名と寺野のひよんどり・浜松市」と こころの風景「秋のSL」

旅&グルメ「川名と寺野のひよんどり・浜松市」と こころの風景「秋のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
川名画像.jpg


「火踊り」が訛って伝えられたのが、「ひよんどり」の名称の起こりと云われています。浜松市北区引佐町川名に古くから伝承される「川名のひよんどり」は「火を迎える行事」がメインとなっています。                       
 裸の若者達が「薬師堂」近くの川で身を清め、腰に「注連」をつけ、「薬師堂」の入り口に人垣を作り、松明を献上する一行が「薬師堂」に入るのを阻止しようと、双方の間で激しい揉み合いが演じられるのが特徴となっています。 やがて松明が堂内に入り献上されてから、前段の「歌読み」から始まり九の舞を奉納。後段は「田遊び」が演じられます。川名の「田遊び」には、オブッコという人形が登場するのが特色です。
 また、浜松市北区引佐町渋川の寺野地区にも「川名のひよんどり」同様「寺野のひよんどり」が伝承されており、「鬼の舞」等が演じられます。
 寺野のひよんどり、川名のひよんどりと天竜の懐山のおくないが遠江のひよんどりとおくないとして国指定重要無形民俗文化財に指定されています。



 ★寺野のひよんどり
    日  時 平成27年1月3日(土) 午後2時〜午後6時頃まで
    場  所 浜松市北区引佐町渋川 「宝蔵寺観音堂」(通称三日堂)    交  通 新東名高速道路「浜松いなさJCT」から三遠南信自動車道
に入り、「渋川寺野IC」より車で3分(新城方面からは
降りられません)
 ★川名のひよんどり
    日  時 平成26年1月4日(日) 午後6時〜午後10時頃まで
    場  所 浜松市北区引佐町川名「福満寺薬師堂」(通称八日堂)
    交  通 東名・新東名高速道路連絡路「浜松いなさIC」から車で約
10分、又は新東名高速道路「浜松SAスマートIC」から
車で15分
 お問い合わせ先 奥浜名湖観光協会 tel 053-522-4720






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
秋5.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 16:49| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: