2016年12月22日

旅&グルメ「毘沙門天大祭のだるま市・富士市」と こころの風景「秋のSL」

旅&グルメ「毘沙門天大祭のだるま市・富士市」と こころの風景「秋のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
だるま市.jpg


 高崎(群馬県)、深大寺(東京都)と並んで「日本三大だるま市」のひとつである、富士市「毘沙門天大祭」の「だるま市」が毎年旧暦正月1月7日〜9日の3日間行われます。来年は、2月3日〜5日に開催されます。
 「毘沙門天大祭」は、富士市今井「妙法寺」の大祭で、この三日間に聖徳太子作と伝えられる本尊毘沙門天王におまいりすると、一粒万倍の功徳があると古くから言い伝えられ、例年十数万人の参拝者を集めています。
 この大祭の期間中は、本殿を中心とした東西1kmが歩行者天国となり、「開運だるま」をはじめ、多くの露店が参道や境内に並び、昔ながらの“まつり”の雰囲気が味わえます。
 「毘沙門天のだるま」は、もとは富士市の地場産業、紙を使っての「起上小法師」の「だるま」で、七転八起の縁起の良さと、「毘沙門天」の災いを転じて福となすの功徳、勝運、開運が結び付き、徳川時代中期よりこの大祭には欠かせない「だるま市」となりました。
 この地方では、「毘沙門さんが終ると春が来る」といわれ、大祭が終ると寒さも緩み春がやってきます。



 期  間 平成29年2月3日(金)〜5日(日)
 場  所 富士市今井の毘沙門天妙法寺
 交  通 東海道本線「吉原駅」より徒歩15分。
 お問い合わせ先 毘沙門天妙法寺 tel 0545-32-0114(代)
http:www.bisyamonten-fuji.com/






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
秋5.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 06:28| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: