2017年09月27日

旅&グルメ「川合花の舞・浜松市」と こころの風景「秋のSL」

旅&グルメ「川合花の舞・浜松市」と こころの風景「秋のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
川合花の舞8.jpg

川合花の舞画像(1)・浜松市.jpg


 天竜区佐久間町は、「山の物産の宝庫」信州と、ゆたかな海岸線に抱かれた遠州を結ぶ「塩の道」や「信州街道」「秋葉街道」が重なる情報交差点として昔から文化の交流が盛んでした。
 川合花の舞は、佐久間町川合の八坂神社に伝わる湯立神楽で、昭和50年に静岡県無形民俗文化財に指定されました。また、川合花の舞は、愛知県奥三河地方に残る「花祭り」と同じ系統のものであり、その名の由来は、子供たちが三つ舞・四つ舞の際に頭に冠る花笠の印象から「花の舞」と称したと伝えられています。
 舞は、境内に釜を据え、その上に5色の紙を刻んだ湯蓋を吊るし周囲を仕切って舞処とし、子供の舞に続いて赤鬼が大きなマサカリをもって登場し舞処を鎮め歩くと、見物人の「テ−ホへ、テホヘ」の掛け声と共に会場は最高潮に達します。また、煮えたぎる釜の湯は「湯ばやし」の舞において、舞人のもつ湯たぶさ(藁を束ねたもの)で周囲の見物人に振りかけられ、新しい年への正気(魂の再生)を願いつつ舞は終わります。



 期  日 10月28日(土)
 時  間 午後5時から翌10月29日(日)午前2時〜3時頃迄
 場  所 浜松市天竜区佐久間町川合 八坂神社
      *見学者のために川合区民館が仮眠所として用意されます。
      *神社周辺はあまり電灯がないので小型ライトを携行すると便利
です。
 交  通 飯田線「下川合駅」下車、徒歩20分。
      新東名「浜松・浜北IC」〜国道152〜473号で50分。
      新東名「引佐JCT」〜三遠南信道「鳳来峡IC」〜R151〜
県道1号で50分。
 お問合せ先 天竜区観光協会佐久間支部
       tel 053-965-1651
       fax 053-965-1651
 
 【備考】29日(日)午後:八坂神社の神事のあと、餅投げ等の行事があり
     ます。駐車場は、国道473号沿いに用意していますが、あまり
     台数は多くない為、JRのご利用をお勧めします。






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
秋10.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 10:31| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: