2018年06月09日

旅&グルメ「妻良の盆踊り・南伊豆町」と こころの風景「夏のSL」

旅&グルメ「妻良の盆踊り・南伊豆町」と こころの風景「夏のSL」の紹介です

画像をクリックし・拡大してご覧ください。
妻良盆踊り.jpg

妻良盆踊り.jpg


 江戸時代、妻良港は隣接する子浦港とともに、江戸と上方を往復する帆船の風待ち港として栄えていました。伝説によるとこの踊りを伝えたのは、江戸歌舞伎役者の下座役者であった藤池助右衛門(1808〜79)で故郷の岩科(現松崎町)に帰郷した際、妻良の女性と知り合って婿入りし、この踊りを伝えたと言われています。現在、盆踊りの他にもこの地に残る「祭ばやし」や「三番叟(さんばそう)」を伝え、さらに他村へも広め歩きました。
 盆踊りは、海岸に櫓を組み、そこから張り渡した綱に大漁旗を吊るし、華やかに飾りたてます。櫓の回りには造花を付けた花笠をかぶった浴衣姿の踊り子が身振り手振りに一種独特の優雅さ(上品さ)が見られ、踊り手の動きは合掌態(おがむような動作)、歌は念仏調で室町時代のゆったりとした文化の流れを受け継いでいるとも言われています。特に踊りの手つきと腰つきが優雅だと言われています。
昭和46年(1971年)静岡県の無形文化財に指定され「妻良芸能保存会」の人達によって継承されています。



期  日   8月15日(水)
時  間   午前8時30分頃
場  所   南伊豆町妻良海岸
交  通   【電車】伊豆急行「下田駅」から「子浦・伊浜」行きバスで45分「妻良」下車
【お車】新東名高速「長泉沼津IC」から国道414・136号線で約150分
お問合せ先  一般社団法人 南伊豆町観光協会 TEL 0558-62-0141  
http://www.minami-izu.jp








画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏13.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。








posted by 健康観光ライフ at 05:07| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: