2018年11月29日

旅&グルメ「まゆ玉の里・伊豆の国市」と こころの風景「秋のSL」

旅&グルメ「まゆ玉の里・伊豆の国市」と こころの風景「秋のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
まゆ玉の里 伊豆の国市.jpg

まゆ玉の里 伊豆の国市 12月号.JPG


 伊豆の国市(旧伊豆長岡町)は昔、養蚕が盛んに行われ今の伊豆長岡駅の近くには蚕種研究所があり、周辺には桑畑が多く広がっており、まゆ玉飾りも多く行われていたようです。
 もともとまゆ玉飾りは、蚕がより多くの繭を作ってくれるようにとの願いををこめ、上新粉を練りまゆ玉をかたどり白と赤の色をつけ木や柳に飾ったもので、どんど焼きや餅花などにその名残りがあります。
 昭和33年(1958)の狩野川台風以後、次第に養蚕は衰退し現在では養蚕を行っている人はほとんどいなくなり、まゆ玉飾りもその姿を見なくなりました。伊豆長岡温泉では、その歴史的な流れを受け継ぐため、旅館のお女将さんや芸妓さんなどの着られなくなった着物を使って、町の女性達が手作りでまゆ玉飾りを丹精込め作り上げました。



 期  間 平成31年3月8日(金)〜4月15日(月)
 時  間 午前10時〜午後4時(最終入場)
 場  所 ホテルサンバレー富士見
 入場料金 無料
 交  通 伊豆箱根鉄道「伊豆長岡駅」から、伊豆箱根バスで6分「マックスバリュー前」下車
    車では、東名高速「沼津IC」、新東名高速「長泉沼津IC」から伊豆縦貫道経由で
約25分      
お問合せ先 伊豆の国市観光協会 tel 055-948-0304
               http://www.izunotabi.com






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
秋7.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 11:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: