2020年02月27日

旅&グルメ「3月7日・8日の SLフェスタin千頭は開催中止のお知らせ」と こころの風景「四季のSL」

旅&グルメ「3月7日・8日の SLフェスタin千頭は開催中止のお知らせ」と こころの風景「四季のSL」の紹介です

 大井川鐵道株式会社(本社:静岡県島田市、代表取締役社長:鈴木 肇) ・島田市・川根本町は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、お客様および関係者の安全面を最優先事項として考慮した結果、3月に開催を予定しておりました共同企画 「SLフェスタin千頭」につきまして、イベントの中止を決定いたしました。

ご参加を心待ちにされていたお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 尚、本イベントの中止に伴う 代替イベントの開催は現在のところ予定しておりません。




画像をクリックし・拡大してご覧ください。
DSC09901.JPG

DSC03458 (2).JPG

DSC09877.JPG

DSC09840.JPG

DSC09824.JPG

DSC09712.JPG



「春」  画像をクリックし・拡大してご覧ください
春3.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

「夏」
真夏3.jpg

「秋」
秋3.jpg

「冬」
冬3.jpg







posted by 健康観光ライフ at 15:41| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

旅&グルメ「第39回金谷茶まつり・島田市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「第39回金谷茶まつり・島田市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
金谷 島田市.jpg



「♪みどり自慢の茶の芽もそろた〜ヨイヤサ 茜だすきの手もそろ〜た〜・・・♪」
金谷茶まつりは、金谷(かなや)絣(がすり)(井桁模様の紺絣)の着物に茜だすきの茶娘達が躍る茶娘道中をはじめ、屋台道中や金谷大井川川越し太鼓が通りに繰り出し、新茶の季節の到来を告げる金谷の町を挙げての大イベントです。
金谷の基幹産業である茶業の更なる発展を願い昭和27年(1952年)から始められた金谷茶まつりは、年々華やかさを加え、今や茶処を象徴する一大イベントになりました。まつりのメインである茶娘道中は、かつて新茶の摘み取り時期になると茶農家の女性達が茶摘み衣装に身を包み、「♪・・・あれに見えるは茶摘みじゃないか、茜だすきに菅の笠・・・♪」と唄われるように、揃って茶畑に繰り出す様子を再現したものです。
金谷は、茶娘の発祥地と言われています。茶娘踊りは、伝統芸能として継承されており、大勢の茶娘による茶娘踊りは、国内で唯一のものであり、全国的にも注目されています。また、会場には金谷茶の呈茶サービスや伝統的な手揉み製茶や小型製茶機の実演、金谷特産品の紹介・販売などお客様へのもてなしコーナーがたくさん用意されます。



 期  日  4月11日(土)・12日(日)
       予備日:11日・12日両日とも雨天の場合は、19日(日)の1日のみ実施
 会  場  JR金谷駅前通り、及び周辺
 駐 車 場  大井川河川敷(無料:1,000台)
 交  通  JR東海道線「金谷駅」下車
お車では、東名高速道路「相良牧之原IC」より15分(約10km)
または、新東名高速道路「島田金谷IC」より10分(約4km)
 お問合せ先 島田市観光協会 TEL 0547-46-2844
               http://shimada-ta.jp






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春7.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 15:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「吉原祇園祭・富士市」と 植物の効能「オオバコ」

旅&グルメ「吉原祇園祭・富士市」と 植物の効能「オオバコ」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
吉原祇園祭 富士市.jpg

吉原祇園祭 富士市.jpg


  東海道の旧吉原宿(現在の岳南電車「吉原本町駅」周辺)では、350年余りにわたって親しまれてきた吉原祇園祭があります。通称「おてんのさん」と呼ばれ京都の祇園祭の流れを汲み、悪霊、疫病を退散させる祈りが、祭の形となって受け継がれてきました。
 参加町内は旧町名で呼ばれ、旧吉原宿周辺の木之元神社・天神社(天満宮)・八坂神社・八幡神社(八幡宮)・山神社の五社の氏子25町内で、各町内が飾り立てた21台の山車の引き回しや、各神社の神輿が練り歩きます。
 また、吉原中央駅から岳南電車の吉原本町駅を結ぶ吉原本町通りには200軒以上の露店が並び、町内ごとに特徴が違う山車の競り合いは見応えがあります。



 期  日 6月13日(土)・14日(日)
 場  所 吉原本町通り(旧東海道吉原宿)
 時  間 午後1時〜9時
 内  容
    13日 山車引き回し(21台)  午後1時〜(予定)
        宮太鼓の競演、他     午後4時〜(予定)
    14日 神   輿        午後1時〜(予定)
        山車引き回し(21台)  午後6時〜(予定)
 交  通  東海道本線「吉原駅」から岳南電車で「吉原本町駅」下車すぐ
または、東海道本線「富士駅」から富士急バスで「吉原中央駅」下車
       お車では東名高速道路「富士IC」から、国道139号で約5分/新東名高速道路「新富士IC」から国道139号で約7分
 お問合せ先  一般社団法人富士山観光交流ビューロー        
        TEL 0545-64-3776    
http://www.fujisan-kkb.jp



健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
オオバコ1.jpeg

posted by 健康観光ライフ at 14:43| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「飛竜まつり・浜松市」と 植物の効能「メグスリノキ」

旅&グルメ「飛竜まつり・浜松市」と 植物の効能「メグスリノキ」の紹介です


4飛竜祭り.jpg



 「暴れ天竜」と呼ばれ、竜のように暴れ川筋を変えた雄大な天竜川。この天竜川に隣接する浜松市浜北区(旧浜北市)では、水(川)の神様「竜神」にちなんで、竜をシンボルとした「遠州はまきた飛竜まつり」が開催されます。昼間浜北凧揚げを楽しんだ若者が、夜は「飛竜火まつり」を繰り広げます。
 ※浜北凧…古くは「ごぼち」と呼ばれ、250年の歴史がある。横長で2本糸目で、尾をつけず、ブーンとうなり声をあげる凧。



 期  日 5月30日(土)・5月31日(日)
 内  容 @ 浜北凧揚げ
        天竜川中瀬緑地 5月30日 午前11時〜午後4時
                5月31日 午前10時〜午後4時
A 飛竜火まつり
        天竜川中瀬緑地 5月30日 午後7時〜午後9時
遠州大念仏(遠州地方に400年以上伝わる念仏踊り)、飛竜太鼓、たいまつ行列
手筒花火(白い閃光と筒が抜ける音がダイナミック)、打ち上げ花火、飛竜ナイアガラ(宙に浮かんだ60mの竜の胴体からナイアガラ花火、口からは火の玉が飛びます)
B 水の道物産展  ※下記の2日間になります。
天竜川中瀬緑地 5月30日 午前11時〜午後9時
                5月31日 午前11時〜午後4時
        天竜川流域(南信州から静岡県)からの選り抜きの物産展
 交  通  5月30日・5月31日とも遠州鉄道「浜北駅」前からシャトルバス運行(予定)
       車の場合は新東名高速「浜松浜北IC」より5分
 お問合せ先 飛竜まつり実行委員会 TEL 053-585-1116
       *内容は予定ですので、予告無く変更することがあります。




健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 健康観光ライフ at 14:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

旅&グルメ「3月7日・8日は SLフェスタin千頭」と こころの風景「四季のSL」

旅&グルメ「3月7日・8日は SLフェスタin千頭」と こころの風景「四季のSL」の紹介です

 大井川鐵道(静岡県島田市)では、島田市・川根本町との共同企画 「SLフェスタin千頭」を2020(令和2)年3月7日(土)・8日(日)の二日間で開催いたします。

今年も鉄道ファンやファミリーの皆様に 大井川鐵道での思い出とお気に入りの商品をたくさんお持ち帰りいただけるよう、体験コンテンツや鉄道グッズの特設販売コーナーを充実。




画像をクリックし・拡大してご覧ください。
DSC09901.JPG

DSC03458 (2).JPG

DSC09877.JPG

DSC09840.JPG

DSC09824.JPG

DSC09712.JPG



詳しくは、以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
SL1.jpgSL2.jpg


「春」  画像をクリックし・拡大してご覧ください
春3.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

「夏」
真夏3.jpg

「秋」
秋3.jpg

「冬」
冬3.jpg







posted by 健康観光ライフ at 14:35| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「にゃん にゃん にゃん 2月22日は 猫の日」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「にゃん にゃん にゃん 2月22日は 猫の日」と こころの風景「春のSL」の紹介です

大井川鐵道(静岡県島田市)では、全国に6つしかないと言われている 駅名に「ねこ」の入っている駅のひとつ、川根小山駅(静岡県榛原郡川根本町)を2月22日(土)の猫の日から「川猫山(かわねこやま)駅」として ねこ駅化していくことと致しました。

同駅には、お客様が愛猫の写真やイラストを貼れるよう 新たにボードを設置。 無人駅のPR活動につなげる試みです。



画像をクリックし・拡大してご覧ください。
KL1I3701.jpg

IMG_5864.jpg

IMG_5869.jpg

KL1I3612.jpg


詳しくは、以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
ねこ.jpg


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
CSC_0428.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 11:58| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

旅&グルメ「熱海をどり・熱海市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「熱海をどり・熱海市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
熱海おどり画像・熱海市.jpg

熱海市 熱海踊り画像.jpg

熱海 2月号.JPG



熱海には芸妓さんが約100名いて、質・量ともに日本一と誇れる市の財産です。
その芸妓さんの中の約45人が出演し、日々修練を重ね日頃の集大成として、熱海芸妓見番歌舞練場で「熱海をどり」が開催されます。
 「熱海をどり」は、見番大改修がされたことを記念して平成2年に始められました。
31回目の今年は4月28日・29日にそれぞれ2回開催され、常磐津、端唄で皆様をおもてなしいたします。
 歴史ある熱海の芸妓達の華やかな踊り、粋な世界をぜひご堪能下さい。



日  時 4月28日(火)
4月29日(水・祝)
     第一部 開 場 午前11時
         開 演 午前11時30分
     第二部 開 場 午後2時
         開 演 午後2時30分
会  場 熱海芸妓見番歌舞練場
(熱海市中央町17-13)
番  組 ・常磐津   細石(さざれいし)巌(いわおの)鶴亀(つるかめ)
     ・端 唄   清々奏(すがすがしきかなで)五色光(ごしきのひかり)
入 場 料 ・自由席  4,300円(前売り4,000円)※整理券にて入場
     ・指定席  5,000円(前売り4,700円)※整理券なし
     ・桟敷席 15,000円(記念品付き)    ※整理券なし
      ◇プログラム1冊1,000円
前売り券販売期間/1月20日(月)〜4月20日(月)
交  通 東海道本線「熱海駅」から3番乗り場バスで約15分「清水町」下車。
 熱海駅から徒歩で約25分
お問合先 熱海芸妓置屋連合組合 TEL:0557−81−3575
     (時間:9時〜16時まで/土・日は15時まで)
                http://atami-geigi.jp/






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春7.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 11:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

旅&グルメ「かつらぎ山の山頂つつじ祭り・伊豆の国市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「かつらぎ山の山頂つつじ祭り・伊豆の国市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください
12パノラマパーク.JPG

かつらぎ山山頂画像・伊豆の国市.jpg

かつらぎ山ツツジ 伊豆の国市.jpg



かつらぎ山の山頂では、例年4月中旬から5月上旬にかけておよそ3万5千本のつつじが山頂公園を彩ります。
標高452mのかつらぎ山の山頂まではロープウェイで約7分。30秒毎に出発する6人乗りのゴンドラが1800mの距離を結びます。
山頂に咲くつつじは赤や白、紫色のキリシマツツジやミヤマツツジが中心となり、天気の良い日には富士山、駿河湾の大パノラマと合わせて咲き誇るつつじを楽しめます。期間中にはイベントも開催予定で、例年多くのお客様で賑わいます。



期  間  4月中旬〜5月上旬
場  所  かつらぎ山山頂空中公園
内  容  3万5千本のつつじと、絶景の富士山を中心に360度の大展望を楽しむ。
      *イベント内容は未定
料  金  ロープウェイ料金
      大人往復 1,800円 (中学生以上)
      小人往復   900円 (小学生)
      *小学生未満は無料
交  通  三島駅より伊豆箱根鉄道駿豆線で伊豆長岡駅下車 伊豆箱根バスに乗り換え13分、伊豆の国市役所前下車 徒歩1分
      お車では東名高速「沼津IC」、新東名高速「長泉・沼津IC」から伊豆縦貫道経由伊豆中央道「長岡IC」下車1分(沼津IC、長泉・沼津ICより25分)
お問合先  伊豆の国パノラマパーク
      TEL: 055-948-1525
      mail:info@panoramapark.co.jp
http://www.panoramapark.co.jp/






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春4.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 14:04| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「黒船祭・下田市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「黒船祭・下田市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
黒船祭り 下田市.jpg

黒船祭り 2月号.JPG



 「黒船祭」は、昭和9年、下田港開港80周年を記念して下田市(当時は下田町)により始められ、今年で81回目を迎えます。(昭和16〜21年は戦争のため中止)
 この祭は、1854年(嘉永7年)アメリカのペリー提督が、日米和親条約調印後「黒船」で下田港に来航し、またタウンゼント・ハリスが初代アメリカ総領事として就任、下田の「玉泉寺」に領事館を置いたことにちなんだものです。
 現在は「日米和親条約 下田条約調印式の再現」を始め、「記念式典」「公式パレード」「日米音楽隊演奏会」などアメリカ大使館や米海軍、海上自衛隊ほか多数の参加を得た、国際色豊かな祭典です。



 期  間 5月15日(金)〜17日(日)
 会  場 下田公園・ペリーロード周辺・その他市内各所
 主催事「予定」5/15・16・17
  *米軍主催墓前祭(玉泉寺)
  *ペリー艦隊来航記念碑 献花式(ペリー上陸記念公園)
  *黒船サンセットコンサ−ト(下田市民文化会館・大ホール)
  *海上花火大会(下田港)
  *黒船祭記念式典(下田公園)
  *公式パレード(市内目抜き通り)
  *日米和親条約、下田条約調印式再現劇(了仙寺)
  *日米和親条約、下田条約調印式再現劇(文化会館駐車場)
  *にぎわいコンサート(文化会館駐車場)
  *にぎわいパレード(市内目抜き通り)
  *日米親善綱引き大会(道の駅開国下田みなと)
 交  通  伊豆急行「伊豆急下田駅」下車
お問合先  黒船祭執行会(下田市観光交流課)
TEL: 0558-22-3913
     http://www.shimoda-city.info/






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春6.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 13:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

旅&グルメ「浜松まつり・浜松市」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「浜松まつり・浜松市」と こころの風景「春のSL」の紹介です


画像をクリックし・拡大してご覧ください。
浜松まつり (凧揚げ会場2017) 浜松市.jpg

浜松まつり画像A・浜松市.jpg



 「浜松まつり」の起源は、一説によると今から460余年前の永禄年間(1558〜1570)、当時の浜松を治めていた引馬城主の長男の誕生を祝い、大凧を城中高く揚げたのが始まりと云われていますが、その記録は定かではありません。浜松まつりは、大きく「凧揚げ合戦」と「御殿屋台の引き回し」に分かれます。
*凧揚げ合戦
 市内170を超える町の大凧によって中田島凧揚げ会場で繰り広げられます。凧の大きさは2帖〜10帖。凧糸を互いに絡ませ摩擦で相手の糸を切ります。糸の焼ける匂いと白煙が立ち昇り、数千人入り乱れての大合戦です。凧には、各町の図柄が入っており、子供の誕生を祝う、名前の入った「初凧」も揚げられます。凧揚げ会場には、観光客の方や体のご不自由な方にもゆっくりと観ていただけるよう観覧席を設けています。
*御殿屋台引き回し
 夜の市中心部を華麗に彩るまさにまつり絵巻といえるものです。趣向を凝らした絢爛豪華な彫物や、提灯の飾りを施した「御殿屋台」80台以上が華やかにお囃子を奏でながら市中心部に繰り出します。提灯を手に、ラッパと太鼓の音に合わせてすり足で進む練りは、まつりを一層盛り上げます。
 そのほか「郷土芸能」(5月3〜5日)「音楽フェス(予定)」(5月3日)「日本民踊総おどり」(5月4・5日)「2020ミス浜松コンテスト」(5月3日)などが行われ、3日間浜松市内はまつり一色に賑わいます。
*詳細情報はHPをご覧ください。(日程等は若干変更となる可能性があります)



 期   間 5月3日(日・祝)〜5日(火・祝)
 場所・時間 中田島凧揚げ会場・・「凧揚げ合戦」  10:00〜15:00
       (5/5のみ 子供凧揚げ 10:00〜12:00 凧揚げ合戦 12:00〜15:00)
          市内中心部・・・「御殿屋台引回し」18:30〜21:00
 交   通 JR「浜松駅」下車「凧揚げ会場」までは「シャトルバス」(有料)が期間中運行
 お問合先 浜松まつり組織委員会事務局(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー
       TEL: 053-458-0011(土・日・祝日を除く9:00〜18:00)
       http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/index.html






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春5.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 健康観光ライフ at 15:58| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする